« 黄金比 | トップページ | 「本」が趣味? »

2008年11月28日 (金)

石油という悪魔

 地球温暖化対策の一環として、化石燃料(石油)に代わるエネルギーの確保が急務となってきている。二酸化炭素の増加が本当に地球温暖化を助長しているのかどうかについては、異論もあるようでよくわからないが、ここでは直接影響があるものと考えることにしよう。
 例えば、自動車でいえば電気自動車の方がガソリンや軽油で走る車より「走行時に排出する二酸化炭素がゼロ」なので地球にやさしいと言われているが、本当に地球温暖化対策になるのであろうか? いろいろと疑問が多い。
 確かに、走行時の二酸化炭素排出はゼロだろうが、動力源となる電気をどうやって生成しているのか? 火力発電の燃料は結局、化石燃料(石油)だし、核分裂による熱エネルギーを利用するダーティな原子力発電にしたって、核燃料の濃縮には化石燃料(石油)が必須だし。電気自動車を考えるときは、その動力源たる電気をどのような手段で得ているか、その過程で生じている環境負荷についても勘定に入れなければならない。トータルでどうなのか――地球温暖化対策に効果ある勘定となっているのか――について、素人にもわかりやすいように説明した資料や報道を見たことがない。相互に利権を得るために癒着した「政官財」にだまされてはいないか? 注意しないとエライことだ。

 19世紀には、「石炭」という小さな悪魔を地上に解放してしまった。20世紀には、「石油」という大きな悪魔を地上に解放してしまった。地中深くに、エネルギー形態としては安定した状態で存在していた彼らをわざわざ掘りおこして、ご丁寧にも火をつけてしまった。静かに眠っていた「かわいい悪魔」を地上で「燃えたぎる悪魔」に変貌させたのは、我々人間だ。どうすれば、ふたたび悪魔を封印できるのか?
 答えは簡単かもしれない。元の「炭化水素」に戻して、人間の手の届かない地中に返せばいいのだ。地上に存在している「石油」を減らしていくのだ。だって、あれば燃やしてエネルギーとして利用したくなるでしょ。

 なんか、愚痴めいた文章ばかりですみません。なんで今日はこんなことになっちゃったのかな? インドで起こったテロのせいかな? それとも……。
 とりあえず、この地上には「悪魔」が多すぎる! ということかな?

|

« 黄金比 | トップページ | 「本」が趣味? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196508/43256673

この記事へのトラックバック一覧です: 石油という悪魔:

« 黄金比 | トップページ | 「本」が趣味? »