« 国家の品格(藤原正彦著) | トップページ | 白井ヴィンセントのトークがおもしろい! »

2007年2月 4日 (日)

指導者としての資質と資格

品性下劣な方々の言動が波紋を呼んでいるが、
当の本人たちは今後も生き恥をさらしてゆく由。
厚顔無恥の歩く見本。

日本という国を指導していく立場にある「偏差値エリート」は
指導者たる資質やその重責を担う資格を持っていないということを
我々にまざまざと見せてくれる。
差別的な内容のみならず、問題の本質を理解していない人が
未曾有の危機を解決していけるわけがない。

法に則っているから問題ないなどとほざいているようではそもそもダメだ。
なぜなら、法に従ってさえいればどのような卑怯なことをやっても許される、
と言っているような者に、品格や品性は育たないからだ。
法やルールなど関係ない。
人が成すべき行いは、そのようなものに縛られることのない絶対的なものだ。

偏差値を上げる受験テクニックを修めただけの者は「真のエリート」にはなれない。
資質も資格もない。

Banner_02_2 ←余人ではなく己を斬れ!

|

« 国家の品格(藤原正彦著) | トップページ | 白井ヴィンセントのトークがおもしろい! »

コメント

ご無沙汰しておりました。
年末にいただいたせっかくのコメントにお返事しそびれていることに、つい最近気づき青ざめました><。ごめんなさい!

ちょうど、今日、現場の方とお話しする機会があり、そこでも「上の方たちはいったい何を考えているんでしょう・・・。どうしてそんなこと(具体的には書きませんね)で子どもたちが良くなるんでしょう・・・ どんどん正反対の方向にこどもたちがいってしまうのでは・・・」という話をしました。

上に立つ方々には、もう少し「人間らしく」なってほしいなぁ・・・と思います・・・ね。

投稿: Freya | 2007年2月17日 (土) 17時52分

>Freyaさん

いらっしゃいませ、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

我々大人が、修身や道徳教育をあらためて学び直さなければ、
子供たちやこの国の将来はないような気がします。
ルールを悪用するしか能のない偏差値オタクが増えすぎたのかもしれませんね。

「日本のこころ」を取り戻す道は険し?

投稿: たお | 2007年2月17日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196508/13789401

この記事へのトラックバック一覧です: 指導者としての資質と資格:

» ザ・リング2 [映画@DVDの旅]
映画を見た感想を書いています。今後もどしどし記事を増やしていこうと思っています。 [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 18時46分

« 国家の品格(藤原正彦著) | トップページ | 白井ヴィンセントのトークがおもしろい! »